banner

乾燥肌を防ぐ環境作り

肌に潤いが感じられない、乾燥気味だと思った時、「あぁ、コラーゲンが減ったから肌の保水力が…もうそういう年齢なのね」と、直結するのはちょっと待ってください。もちろん、保水力をつかさどるコラーゲンも大いに関係しているのですが、単に肌が乾燥しやすい環境であるという場合も多いのです。コラーゲンの補給もしつつ、もう1度身の回りの肌環境を見直してください。
たとえば寝室の空気は乾燥していませんか?最近では空気の乾燥する冬だけではなく、クーラーを使用する夏でも室内の空気は乾燥気味です。寝ている間に肌はターンオーバーをしますから、寝室の環境というのはとても大きいのです。小型の加湿器や、水を含ませるタイプの簡易加湿グッズを利用してはいかがでしょうか。夜洗濯派に切り替えて、洗濯物を部屋干しするというのも実は適度な湿度をプラスするのに効果的です。もちろん、寝る前のスキンケアに乾燥肌化粧品を取り入れれば万全です。肌にしっかり潤いを与え、室内にもほどよい湿り気を与えてから寝れば、起きた時の肌の状態はかなりアップするはずです。寝ている間も優しく肌を潤す乾燥肌化粧品は、こちらの『e-乾燥肌化粧品』をご覧ください。
家だけではなく、外出先でも乾燥を感じたらすぐにケアすることが大切です。エアコンがきついオフィスなら、ミストタイプの化粧水をトイレに立ったついでにシュッと肌にひと拭きすれば、簡単に潤いが補給できます。メイクの上からも使えるタイプが多いので、助かりますね。あとは紫外線に直接肌をさらさないことも重要です。ちょっとした肌への気遣いで、乾燥肌が見違えるほど軽減するかもしれません。

注目記事

banner
天使のララ

記事を見る

banner
アスタリフト

記事を見る

banner
海麗プレミアム

記事を見る

Copyright(c) コラーゲンサプリメントの魅力. All Rights Reserved.